世界ナンバーワン取引高の仮想通貨取引所はここ!

Zaifが人気過ぎて順番待ち?登録は早めにしておくべき!

こんにちは!日本の仮想通貨取引所の中で、手数料の安さが特徴の取引所「Zaif」。
その登録方法をご紹介します。

今、Zaifでは申し込みが殺到し過ぎて、登録手続きを全て終えても最終確認のハガキがなかなか届かないという現象が起きているようです!

確認ハガキの受け取りをもって始めて取引が始められるので、これから登録を考えている方は一刻も早い登録作業が必要ですね。

国内取引所の中では、「Zaif」でしか取扱いができないコインやトークンが存在しますので、これから仮想通貨取引を始めようという方は、登録しておかなければ後々大きな機会損失を招いてしまうかもしれませんね!

登録は、Zaif 公式サイトからすぐにできます。

というよりも、公式サイト以外から登録するのは絶対に不可能です!詐欺サイトの誘導にはご注意を!

Zaifの登録方法を解説!

では、実際にZaifへどのような手順で登録できるかをご説明していきますね。

今回はPC画面での登録方法を説明します!

アカウント登録

まずZaif 公式サイトに行くとこの画面になります。

画面右側の「メールアドレスを入力」と書いた欄にアドレス(フリーメールでも可)を入力後「無料登録へ」ボタンをクリック。

次に、入力したメールアドレスに「あなたのアドレスこれであってます?」という内容の確認のメールが届くので、その確認メールに記載されたURLをクリックして、ユーザー登録画面に飛びましょう。

この画面で、メールアドレス(アカウント)に紐付くパスワードを設定します。

パスワードを入力する前に、利用規約、重要事項説明を読んでから、それぞれに「同意します」をチェックしましょう。

MEMO
利用規約、重要事項説明はそれぞれ別ページへのリンクになっていて、ページの一番下にある「前のページに戻る」ボタンを押さなければボックスにチェックはできない仕組みになっています。

また、必ずパスワードは強固なものにしましょう。

仮想通貨取引では、盗難被害に対する保証はほとんどないに等しいものと思ってください。

もし、あまり良い長文のパスワードが思いつかないという方は、パスワード作成サイトなどもありますので利用してみてもいいかもしれません。(当たり前ですが、忘れないようにメモを!笑)

パスワード生成ツール

これでアカウント登録は完了です。

ただし、この状態ではまだ取引はできません。

今度はアカウントとあなた自身を紐付ける「本人確認」に進みます。

本人確認

利用規約等に同意し、パスワードを設定し終えると、下記の様な画面になります。

「本人確認手続きを開始」をクリックし、基本情報画面へ飛びます。

 

基本情報として求められるのは以下のような項目です。

必要な基本情報
  1. 個人、法人の区分
  2. 名前
  3. 生年月日
  4. 国名
  5. 住所
  6. 電話番号 など

 

入力を終えたら、次は本人確認書類の提出です。

提出書類として一般的なのはやっぱり運転免許証ですね。

上記の様に、本人確認ができる書類をスマホカメラなどで撮影して、データをサイト上にアップロードします。

一昔前はこういった本人確認には実物を郵送する必要があったと思うんですが・・便利な時代になりましたね 😉

 

電話番号認証

PCまたはスマホ上の手続きとして最後に、電話番号認証を行います。

上記の認証コード発行画面に電話番号を登録すると、認証コードがショートメールで送られてきます。

 

(こんな感じ)

(充電できていない・・!)

 

この「Zaif認証コードは○○○○○○です」の○○○○○○の部分を上図の緑で囲った部分「認証コード登録」に登録すれば完了です!

登録手続きが終わったら?

ここまでの登録内容と本人確認書類をZaifの運営さんが確認できたら、「登録した住所に受け付けたよ!」という内容が記載されたハガキが届きます。

※冒頭でも言いましたが、今現在、かなり登録申請が殺到しているようで、ハガキが届くまで数週間かかるケースもあるようです!登録は思い立ったらすぐに行いましょう!


(マッキー)

ハガキには本人確認のためのコードが記載されているので、そのコードを「アカウント」画面の「郵送確認」に入力すれば、いよいよ本当に全ての登録手続きが完了です!

取引手数料がお得なZaifを利用して、他の仮想通貨取引所では取り扱っていない話題のコイン、トークンの売買をすぐに始めましょう ∩(´∀`)∩

Zaif 公式サイト

6 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です