世界ナンバーワン取引高の仮想通貨取引所はここ!

ビットコインっておいしいの? -仮想通貨のはじめかた①-

このブログを見て頂いている方は、これから仮想通貨取引を始めようとしている方、もしくは「仮想通貨ってそもそもなんだろう?」という方が大多数だと思います。

そんな方の為に、まずは仮想通貨、ビットコインの基礎知識についてご紹介します!

ビットコインってなに?

ビットコインは、一言でいうとインターネット上で送受信できるデジタル通貨のことです。

ただ通貨と言っても、円やドルのような法定通貨と違い、「仮想」という名の通り、目に見える姿形がある訳ではありません。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。

 

ビットコインの長所

仮想通貨はどの国にも属さない通貨です。また、銀行や交換所を介す必要がありません。個人間の取引が可能です。

つまり「両替の必要がありません」。世界中どこの国でも同じ単位で「直接」相手に送金でき、法定通貨より安い手数料で、より早く送金することが可能です。

ただし、親族や友人などの特定の個人に「直接送金が可能」ではあるんですが、投資目的での「取引」となると、何十回にも渡る取引を全て個人間の入金、出金で行うことは初心者の方には色々と障害があると思います。

仲介人(取引所)はきちんと存在していますので、最初はそちらを利用するのが一般的でしょう。

ビットコインの弱点

ビットコインの弱点の一つは、個人間で送金をする場合、相手もビットコインの「ウォレット」を持っていなければいけないことです。

銀行取引などであれば、相手がいずれかの銀行の口座を持っていれば、現金での送金や口座間の振込も可能ですが、ビットコインの場合もその「口座」を取引所で開設するか、別で「ウォレット」を用意する必要があります。

関連記事:仮想通貨の用語辞典

そしてビットコインの最大の弱点は、「補償がないこと」でしょう。

最終的には個人間で取引できるものですので、仮に詐欺にあってコインを失っても、誰も補償してくれません。

使用する取引所によっては上限額100万円まで補償、というケースもありますが、どんなケースにも適用されるものではありませんし、そもそも取引所が破たんしてしまった場合、取引所に預けていた資産はあっという間に無価値になります。

✍コインチェックに業務改善命令

本当にセキュリティを万全にするためには、ビットコイン専用の「ウォレット」を用意し、あなた自身が管理・保管しなければいけません。

ビットコインってどういう仕組みなの?

ビットコイン取引は、いわゆるピアツーピアと呼ばれる、サーバーなどの仲介なく、コンピューター同士が直接通信し繋がるネットワーク上で行われ、それら全ての取引がブロックチェーンと呼ばれる台帳に記入されていきます。

その台帳には世界中のビットコイン取引の履歴が載っていて、全ての取引履歴がそれぞれ独立する形ではなく、取引の一つ一つが鎖のようにつながった状態で存在します。

つまりどこかで誰かが不正な取引をしようとしても、前後の取引履歴の値が”段ズレ”のような状態になってしまい、不整合な値になってしまう為、不正が起きた場所、起こした人(のアドレス)がすぐさまわかるようになっています。

なぜビットコインが注目され始めた?

身も蓋もない言い方をしてしまうと、儲かる(かった)からでしょう。

2017年初頭に2兆円だったビットコインをはじめとする仮想通貨市場は、1年間で45倍。90兆円にまで膨れ上がりました。

仮に、2017年1月に100万仮想通貨に投資し始め、買ったままずっと保持し続けた人は、総資産が4500万にまで膨れ上がっているということです。

しかも、45倍というのはあくまで総体の金額。言い換えれば全コイン種の平均値です。

仮想通貨は大きくビットコインとその他のコイン、いわゆるアルトコインとに分かれます。そして1000種以上あると言われるアルトコインの中には、なんと1年で1万倍以上に価値が膨れ上がったものもあるのです。

1000円で買ったものが1000万円ですよ?

ちょっと信じられなくありませんか??

日本の取引所で扱っているコインは、比較的値が安定している代わりに短期間で100倍資産価値が増加、という様なコインはあまりありませんが、バイナンスなどの海外取引所には、まだまだその可能性を秘めたコインが眠っています。

関連記事:みんな使ってる取引所 バイナンスが人気過ぎて登録できない?登録のチャンスを逃すな!

ビットコインに見る夢

2017年、何人もの「億り人」を排出した仮想通貨市場。ツイッタ―などでそれを目の当たりにした多く人々は、仮想通貨の夢に魅せられました。

実際のところ、2017年に投資の波に乗った方々の多くは、ビットコインがどういった技術で、生活がどう変わるか、どんなメリットがあるかを明確に把握してはいないでしょう。

正確に理解されているのは、本当にごく一部の人達のみかと思います。

それでも「投資対象として夢がある」という事実だけで、これほどまでに市場が盛り上がり、今やテレビCMが流れ、民放放送局で大物芸能人が「投資している」と公言するまでに世間に浸透したのです。

「夢がある」とは要するに、少額の投資で大金を掴めるチャンスが、一般人にもある市場だということです。

・・これは自分で書いてても胡散臭く聞こえるセリフですね(゚ー゚;A

しかし、事実として2017年には20代の大学生からですら何人もの「億り人」が誕生しました。

「億り人」とは、仮想通貨業界でよく使われる造語で、そのまんま「1億円以上仮想通貨で手に入れた人」の事を指します。

仮想通貨のボラティリティ(値動きの激しさ)

 

一般的に、株の相場では±5%値動きがあれば大暴騰・大暴落と言われます。しかし仮想通貨市場ではそれくらいの変動は、全く珍しくありません

たとえば現在、株や投資信託で、1年で1万倍価値が膨れ上がる銘柄、商品があるでしょうか?

市場が成熟した今では、少額の投資で大きなリターンを得る確率は万に一つもない・・は言い過ぎかもしれませんが、ほぼないと言っていいでしょう。

もしどうしても株取引で少額の投資で大金を掴もうとすれば、必ずと言っていいほどFXのような信用取引が必要となります。つまり、相場が急落すれば借金を背負うことになります

その点、仮想通貨ならば現物取引、つまり相場のリスクはどこまでいっても口座に入金した金額までという状態でも、十分に「億り人」が狙えます。少なくとも現実として、2017年は狙えました。

要するに仮想通貨市場はまだまだ成熟していないということです。

なにせ世間では、2017年が仮想通貨元年だと囁かれています。技術としては10年前に誕生した仮想通貨ですが、まだまだ始まったばかりの市場なのです。

スタートは早いに越したことはない

しかしながら、こんな夢の様な状態がいつまでも続く訳がありません。

これからより多くの一般人が仮想通貨の価値に気付き、機関投資家達がこぞって資金を仮想通貨市場に流しだせば、現在の株式市場と同じ状態になります。

つまり、市民が少額の投資で大金を得るには、信用取引が必要な状態になるでしょう。

もし少しでもチャンスを逃したくないと思うのなら、今すぐにスタートを切るべきです。

安心・安全な仮想通貨取引はbitFlyer(ビットフライヤー)で始めよう!

ビットコインは万能じゃない

ここまで、ビットコインについて思いつくままに礼讃を浴びせてきましたが、何もいいことだらけで終わらせる気はありません。

リスクについてもお話しておきましょう。

値動きの激しさはリスクでもある

先ほど、現物取引ならリスクは最大でも口座に入金した金額まで、というお話をしましたが、逆に言うと、口座に入金した100万が、明日10万円になっている可能性は0ではありません。

そして、仮想通貨の”バブル”が弾けるのも、遠い未来の話ではないかもしれません。

コインの管理は自分しか責任が持てない

ビットコインにアクセスするための秘密鍵は、自分のウォレットに保管しておく。

これが大前提です。

完全にネット上から切り離されたウォレットでなければ、ハッキングのリスクは絶対に0になりません。

ハッキングされるのは、あなたのウェブウォレットか、もしくはあなたがコインを預けている取引所かもしれません。

詐欺のようなコインもある

1000種以上あるコインの中には、詐欺のようなコインもあります。

例えば、一定の時価総額まで上がったら、コインを買った人全員に配当金を出す。という触れ込みでコイン購入者を集め、時価総額に達する前に逃げてしまうケースや、「〇年間、毎年5%の値上がりを保証します」といったありえない触れ込みで購入させるケースもあります。

市場が未成熟ということは、規制や監視もまだまだ発展の余地があるということです。

ビットコイン投資をし始めの内は、仮想通貨の取引所を利用してコインを購入するのが良いでしょう。ICOへの参加などは、自分で仮想通貨の価値を判断できるようになってから。

ビットコインは個人間でのトレードが可能ですが、現状では個人間のトレードを持ちかけられたらほぼ詐欺だと疑うくらいで丁度いいと思います。

最後に

ビットコインはまだまだ黎明期。これからも市場は拡大していくでしょう。

上手く波に乗れば、大きく稼ぐことも可能かもしれません。しかし反対に、リスクについても常に注意を払う必要はあります。

相場のリスク、詐欺のリスク、盗難のリスク。

ビットコインは中央集権的な取引市場ではない分、そういったリスクと向き合うのは自分自身です。

信用取引はしない、取引所を介さないトレードはしない、ホールドする予定のコインは取引所に置きっぱなしにしない。

そういった防御策について、常に心に留めておきましょう。そういった足場固めができて初めて、「億り人」への一歩が踏み出せると僕は考えます。

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です