世界ナンバーワン取引高の仮想通貨取引所はここ!

仮想通貨に関する専門用語の意味を解説します!

これからビットコインを買おう、と考えていらっしゃる方は、このサイトも含めて色々と仮想通貨について調べている最中かと思います。

ただ、色々なサイトを見て回っていると、当然の様に専門用語が書いていることもすくなくありません。僕自身も、意識せず専門用語を使ってしまっていることもあります・・。

ですので、このページでは、仮想通貨取引に関してよく出てくる用語をまとめました!

このサイト内はもちろん、他のサイトを見て回るときにも参考にして頂ければ幸いです!

それではどうぞ!

コインについて

アルトコイン

ビットコイン以外のすべての仮想通貨の総称。

草コイン

アルトコインの中でも、価値が低く、出来たばかりのコインの通称。

秘密鍵

コインの入金・出金に必要なキーのこと。ビットコインは取引所でビットコインを買うことは、ビットコインのアクセスするための秘密鍵を所有することを指す。

ウォレット

コインの秘密鍵を保管する場所のこと。通常、買ったばかりのコインは取引所が秘密鍵を保管している状態。ただ、取引所に置きっぱなしの通貨はハッキング等のリスクがある為、自分で用意したウォレットに移しておくのがベター。オンライン型、ハードウェア型、ペーパー型などがある。

ハードフォーク

今まで使用していた仮想通貨の仕様変更の事を指します。ハードフォークが行われた仮想通貨は旧仕様の通貨と新仕様の通貨の2種類が存在することになる。有名どころでは、ビットコインとビットコインキャッシュはハードフォークが行われた結果、誕生した。

取引所関連

指値注文

売り買いの注文を値段を指定して行う方法です。例:「10,000円の指値で0.01BTCの買い注文」とか「12,000円の指値で0.01BTCの売り注文」といった使い方をします。指定した注文は、買い注文であれば指値以下の額、売り注文であれば指値以上の額にならなければ注文が成立しません。

成行注文

値段を指定しない注文方法です。「成行で0.01BTCの買い注文」とか「成行で0.05BTCの売り注文」といった使い方をします。成行の買い注文を出すと、その時点の最も低い価格の売り注文に対応して取引が成立します。売り注文を出した場合は、最も価格が高い買い注文に対応して取引が成立することになります。

相場について

現物取引

実物の取引のことで、実際に存在するビットコインに関する取引のことを言います。自分が用意した現金の範囲内での取引になります。

信用取引

自分を信用してもらい、現金、又は仮想通貨を第三者から借りて行う取引を指します。自分の持っている資金以上の取引が可能ですが、信用を得るためには現金を担保として差し入れする必要があります。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です